上杉謙信
プロジェクト

経緯

越後国の戦国大名・上杉謙信。
この人気武将の素晴らしさを
唯一無二のグラフィックで
謙信公ファンに届けたい。

このコンセプトを元に、
二人のデザイナーが
お互いの特技を組み合わせ、
これまでの謙信公グッズにはない
珠玉のアイテムを完成させた。

2020年2月。東京で開催された歴史好きオフ会で二人のデザイナー「井上祥邦」と「こめ」は出会った。
数週間後、井上は歴史デザイナーとして戦国武将グッズを発表した。
それを見た新潟県出身のこめが
「次は上杉謙信を作ってほしい」
このとき、井上は上杉謙信の甲冑イメージが乏しく即答は控えたが、歴史好き同志の共同制作の可能性を感じていた。

時は流れて数カ月後、こめは「2020年大河ドラマ 麒麟がくる」の麒麟絵をTwitterで公開した。それを見た井上は、こめが多彩なタッチで描けることを知り閃いた。
「こめのイラストなら甲冑ではなくても上杉謙信がクールに表現できるかも」
井上は、こめにイメージを伝えてオファーをした。もちろん、こめはこれを快諾。
東京オフ会の酒の席で交わした「いつか二人で何かつくりましょう」という話が実現したのである。

そして制作はあっという間に進み、商品は完成した。
しかしいざ販売しようにもデザイナーの二人は売れる術を知らなかった。
そこに彗星のように現れたのが、こめと知り合いだったムンディ先生こと山﨑圭一さん。販売促進のために数々のアドバイスを進言してくれたのだ。
こうして歴史好きの人たち和をつないで生まれた「上杉謙信Tシャツ」は、颯爽と登場し売り上げを伸ばしていくのであった。

SHOPページへ

上杉謙信
関連商品

商品

常勝で知られる上杉謙信公
勝負運が上がるかもしれない
Tシャツとスマホケース

上杉謙信アイテム、BASEで好評発売中!

【上杉謙信Tシャツ(黒・白)】
前面に眼光鋭い謙信公を大きく配し、背景の青字は川中島の戦いのワンシーンを欧文で表現している。
サイズはS・M・L・XL・WM・WLから
送料は無料。注文から約7日間でお届け。
BASE SHOPにて3,800円で販売中。

【上杉謙信スマホケース(iPhone XR対応)】
背面にダイナミックに謙信公をレイアウトしたデザイン。
※機種のリクエストがあれば対応可能。
送料は無料。注文から約7日間でお届け。
BASE SHOPにて3,680円で販売中。

SHOPページへ

強者たちの声

推薦

歴史好きの和でつながった
歴戦の強者たち。
上杉謙信の素晴らしさを伝えたい
というコンセプトのもと、
このプロジェクトに
賛同してもらい、
激励の言葉を頂戴した。

謙信Tシャツを制作した2人のデザイナーは、私主催の歴史好き交流会をきっかけに知り合いました。2月に知り合ってわずか4ヶ月で商品化されたこと、二人の行動力とスキルの高さに驚いております。また、このように形あるものに発展されたこと、主催者として非常に嬉しいです。謙信Tシャツは着る人も見る人も惹きつけるかっこよさと力強さがあります。買って間違いなし!

歴史イベンターヒスペディアRYOさん

軍神であり、主君であった上杉謙信公のTシャツを着ることで、自然と自信が湧き胸を張って街を歩けます。また、謙信公のお顔をうまく英単語で表しているので、外国人の方にも着ながら上杉謙信という人物を学べるので、様々な人に着て欲しいと思います。またこれを服を機に、上杉謙信だけでなく他の上杉家家臣にも目を向けていただけたら幸いです。

長野信濃守業正さん

上杉謙信公をモチーフにした武将Tシャツ、めちゃカッコイイです!英字のデザインも◎ここに書かれた謙信公の歴史をを読んでるだけでも楽しめます!
謙信公は武田信玄とのライバル関係が有名ですが、関白・近衛前久との関東出兵エピソードも青春!って感じで好きです(笑)
これを機に、多くの人に謙信公の魅力を知ってもらえたらと思います!

ミスター武士道さん

メンバー紹介

略歴

ある者は歴史を教え、
ある者は歴史を描き、
ある者は歴史をデザインする
ここでは上杉謙信プロジェクトの
関係者を紹介。

世界史・日本史公立高校教師YouTuber/ムンディ先生
YouTubeにて地歴の授業動画を公開。再生回数1600万回。その分かりやすさから大学受験生や社会人、教育関係者から高評価を得ている。著書は「一度読んだら絶対に忘れない世界史の教科書」「一度読んだら絶対に忘れない日本史の教科書」など。

ムンディ先生

歴史デザイナー/こめ
新潟出身の歴史好きデザイナー。好きな歴史で地元を盛り上げようと奮闘中。イラスト、漫画が得意。元少年漫画家志望で担当者がついた経験あり。歴史を通じて和を広げ、面白いことができるように活動していきたい。Twitterフォロワーひと月500人達成。所属部署のサイトでブログ掲載中。

こめ

歴史デザイナー/井上祥邦
昼はグラフィックデザイナーとして本の装丁や企業広報誌、web制作に携わる。
夜は武将のタイポグラフィやアイコンを制作して歴史デザイナーとして活動。「唯一無二」をコンセプトに毎晩武将グラフィックを生み続けている。数年後にニューヨークとパリで武将タイポグラフィの個展を開くという大きな目標がある。

井上祥邦